損をしないために不動産に相談|地域の魅力を知ろう

宮大工の注意点

女性

伝統ある建築物は木組みという工法で建てられました。木組みとは釘や金物を使わずに木材を組み合わせることで、長い年月を耐えれる建物が出来るのです。その宮大工の技術で戸建てを建てたいと思う方も少なくないでしょう。ここでは宮大工で戸建てを建てる時の注意点について紹介します。まず時間が掛かってしまうことが注意点の一つです。木組み工法では釘や金物を使わず、木材を一つ一つ加工して組み上げていくので時間が掛かってしまうのです。ですが時間が掛かるということは、丁寧な仕事の証拠です。宮大工は大工の最高峰と言われています。その技術のお陰で、伝統建築が何百年も建っていることが丁寧な仕事の証拠です。次の注意点はコストが掛かることです。現在の建築技術ではコスト面で競い合っている建設会社は多くあります。しかし宮大工は木材からしっかり良いものを見極め、建築材料にするためコストがかかってしまうのです。適当な材料で戸建てを建てられても困ります。良い腕とよい木材を見極める目がある宮大工だからこそ安心できる部分でしょう。宮大工は十数年も修行して一人前になると言われています。なぜなら神社や仏閣などの建築をするため高い技術が必要なのです。宮大工じゃないと味わえない、建物の雰囲気や伝統工法を肌で感じることができます。また、木造住宅は湿度を調節してくれたり、空気をキレイにしてくれます。相場も一坪あたり100万から300万円です。宮大工の注意点を十分に理解して依頼しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加