損をしないために不動産に相談|地域の魅力を知ろう

満足のいく住宅を建てる

積み木

選ぶポイント

日本は、非常に地震の多い国です。住宅を建てる際に、地震に強い家を建てることを重要とされている方も多いです。地震に強い家を建てると言っても、そのイメージや地震に強い家を建てる工法やハウスメーカー・工務店・建築家には様々なものがあります。まず、住宅にはどういった構造ものがあるのでしょうか。1つ目は木造のもので、日本家屋の多くが木造建築であり、費用も比較的安価となっています。2つ目は鉄骨のもので、どこのものでも安定した耐震性があり、経年劣化しにくいという点があげられます。3つ目は鉄筋コンクリートのもので、上記二つのものより強い性能を持ち、防音・耐火性に優れています。このように様々な構造・工法のものがありますが、最低限の耐震性であれば基本的には現在の施工レベルで建てられた住宅は、どの構造・工法であっても合格点と言えます。それではその中で、地震に強い家を建てるための構造・工法を選ぶポイントは、どういったものがあるのでしょうか。まず大切なことは、最初に予算を決めておくことです。予算を決めておくことで、木造・鉄骨・鉄筋コンクリートなどの構造・工法を絞りやすくなります。そして構造・工法を決めたあとは、その構造・工法に強いハウスメーカーなどの依頼先を選ぶことで地震に強い家を建てることができます。地震に強い家を建てるためには、土地選びや構造・工法やハウスメーカーなどの依頼先を決めるなど多くの選択が必要となります。満足のいく住宅を建てるためにも、費用や目的を明確にしておくことが大切となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加